SNSが悪いのか?!過去を知りたい。知りたくない・・・

SNSが悪いのか?!過去を知りたい。知りたくない・・・

ブログやfacebookそしてインスタグラムを使って、簡単に昔の知人を探すことができてしまいます。今でももちろん年賀状のやり取りで、学生時代だったり昔からの付き合いのある友人の近況を知ることができますがSNSを使えば、今はやり取りをしていないあの人そういえばどうしてんだっけ?!という気持があれば、名前で検索して調べることが出来てしまいます。そしてその知人がfacebookなどに近況などバンバン載せているを見れば「こんなところに旅行行ってるんだ」とか「結婚してるんだ」「こんな仕事してるんだ」と簡単に分かってしまいます。

やっぱり気になる人の生活

同じ学生生活を送った友人や知人こそ、どんな生活をしているのかが気になってしまいます。未だに付き合いのある友人の場合は、いちいち検索しなくてもどんな生活をしているのかを知っていますが、ここ数年やりとりをしていない知人だからこそ、いまどうしてるのかぁ~~ということが気になってしまいます。他にも、昔憧れていた先輩やかっこいいとキャーキャー言われていた人が、年を重ねてどんな姿になっているのかもとても気になってしまいます。

過去は過去

現在の知り合いが「オレは昔すごいもてた」とか「昔はとってもスマートだった」と力説しても、現在はイマイチの場合「ばかじゃねーの」と過去の話しかでないのかよ。と心の中で突っ込みを入れてしまいますが、過去にもてたオレや過去にもてていた私を猛烈アピールする人ほど、ブザマな気がします。おまけに今でもそこそこなら、まっいいか。で済ませますが、あまりにもくどくど言い続けると「大事なのは今でしょ。今がいけてないから過去の栄光にしがみつくしかないなんて・・あわれな人」と、自慢を聞くのをうざい気持もありながらも憐憫も感じてしまいます。そうです。バディの妻ベスのように。。

facebookなどで昔の友人が、今でもステキな生活を過ごしているのを見て自分の現在の生活を比べると「なんてこんなに差がついてしまったんだろう」という気持ちを抱いてしまうのは、それはメイビスと同じように現在の自分の生活に満足していないからです。これが自分の生活に十分に満足していれば、人の生活をみてもなんとも思わないでしょう。楽しくやってるんだなぁ~と気持になります。

自分の生活に十分に満足していれば、あー幸せにやってるんだな。と温かい気持になりますが、自分の生活に不満を抱きそして昔は明らかに自分が見下していた知人や友人が、ハッピーな暮らしをしているのをSNSで見てしまったらどういう気持になるでしょうか。

男性ならばかつては完全にバカにしていたクラスメートが、今ではITで大成功して美人の女優を妻に持ち自家用ジェットで飛び回り、長者番付に名前が載っているのを新聞で見たときにどんな気持になるでしょう。新聞から目を離して、チラッとみると昔は綺麗だと思った妻が、テレビを観てゲラゲラ大笑いをしています。そして太るからやめとけというにも関わらず、食後のデザートは別腹を理由にしてテレビを観ながら、延々とダラダラお菓子を食べています。もちろん昔は9号ぐらいだったはずだったのに、テレビを観ている無防備な背中を見ると、どっぷりと背中には肉が付いてて腹回りもかなり付いています。

かつてはかわいいと思った顔も、今ではすっかりむくんでいてくっきりとした二重ではなくなって腫れぼったい目になっています。周囲に目をやると、洗濯物は山になったままで台所では娘が冷蔵の中を見ながら、なにやらつまみ食いをしているようです。上司からは書類のダメダシをされたので、夜中になるかもしれないけど今日中に年間計画を作成してメールで送らなくてはなりません。

疲れて帰ってきても、冷めてる食事がテーブルの上に載せられているだけでそれをひとり食べながら、新聞を読みなにげなくみた紙面にかつて自分がさんざんバカにしていた男の名前を見つけそして写真も見て、「あいつだ。まちがいない!!」ということは、あいつが結婚したのはあの女優か?!うちのと大違いだ・・・・。と自分の置かれている環境と、かつてバカにしていてクラスメートがまさかそんなに成功していたとは・・と改めて驚くとともに、いったいオレの人生でかつてはオレの方がまちがいなく上だったのに、どうしてこんな風になってしまったんだろう。。。。と思うことでしょう。

メイビスと同じように、男性でも「こんなはずではなかった」と思うようなことがあると思います。男性の場合は社会的な地位や成功といった部分が、男性としての価値にもなりそして決してイケメンではなくても成功者であれば、美しい妻やガールフレンドを手に入れることが出来るからです。もちろんそれは女性の場合でもいえます。女性の社会的地位だったり、成功者であれば若い見た目の良いいわゆるイケメンな女性よりもはるかに若い男性を手に入れることが出来ます。もちろん成功者がみんながみんなそうしている訳ではありませんが、トロフィーワイフと言われるような若い美人な妻を持つことは多くあります。

シャーリーズ・セロン主演の映画『ヤング≒アダルト』
ネタバレと37歳負け犬の深層心理
14キロの体重増して臨んだ演技でオスカーを手にしたシャーリーズ・セロンが、今回は37歳バツイチ子なしの独身女性を演じた作品が『ヤング≒アダルト』です。キティちゃんのTシャツを着て、高校時代は女王として君臨していた彼女が、ふとしたときに元彼と赤ちゃんの写真をメールで見てこんなはずじゃない!と元彼を奪うために奮闘する「イタイ女子」を熱演しています。スッピン姿からゴージャスに変わるメイクも楽しみな作品!